ブログ:和顔愛語

文字サイズ

澆醨(ぎょうり)を礼儀に慨(いた)んで 陵遅(りょうち)を道徳に悲しむ

 

澆醨(ぎょうり)を礼儀に慨(いた)んで 
陵遅(りょうち)を道徳に悲しむ(性霊集10 元興僧正)
 
 

「澆漓(ぎょうり)」の意味は義理・人情などが
薄いことをいいます。
 
 
 
「礼節」とは礼儀と節度。
 
 
 
「慨(いた)んで」とは
思うようにならないで、恨み悲しむ。
 
 
 
 

義理・人情などが薄く礼節を欠いぎ
 
 
餓鬼の如く、
 
 
我先にと自分の都合だけを求めている。
 
 
道徳心より自分の幸せだけを優先する人々が多い時代です。
 
 
 
それに比べ、お大師様や高名な尊者は、
 
 
求め続けるどころか与え続けた方々です。
 
 
 
おひとりひとりが、
 
 
礼節や道徳をも我々が周囲の人々に与え続けることで
 
 
混沌とした世は明るくなるのです。
 
 
 
 
南無大師遍照金剛
沙門 悠心

ーーーーーーお問い合わせーーーーーーー
【小さなお寺】
■倉敷成田山 心和寺
岡山県倉敷市中島2355-156
電話:086−466−2356

■倉敷成田山 心和寺 大阪院
大阪府吹田市江の木町  江坂駅より徒歩4分

話:086−466−2356
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー