ブログ:和顔愛語

文字サイズ

お線香の無常感

 

昔からお香は無常を感じさせるといわれます。

線香に火をつけると、香の煙が立ちますが、いつの間にか消滅して跡形もなく、
一片の灰が残るに過ぎません。
 私たちの命もまたこのお香のように儚いものです。
 日々、お仏壇にあげる線香にも無常を観じ、出る息は常に入る息とはならず、
出る息がついに入る息となれば、「一息即断」、野辺の 煙となるのです。
無常を感じることは、命の大切さを知ることでもあります。

世の中の人とお香の よしあしは
煙となりて 後にこそ知れ

合掌

南無大師遍照金剛
沙門 悠心
ーーーーーーお問い合わせーーーーーーー
【小さなお寺】
■倉敷成田山 心和寺
https://shinnaji.net/

岡山県倉敷市中島2355-156
電話:086−466−2356

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー