ブログ:和顔愛語

文字サイズ

コロナ禍に思う_弘仁九年の疫病:悠心

 

まるでコロナは弘仁九年の疫病か…

弘法大師の疫病退治について

『(*1)弘法大師行状絵詞伝(こうぼうだいしぎょうじょうえことばでん』という、

大師の生涯のハイライトを24の場面にわたって

描いた絵巻に関する解説文の中の一節をご紹介します。

「弘仁(こうにん)9年の春、疫病、天下に流行して、死屍 、

野外に満みつる有様ありさまでありました。

嵯峨天皇、深く宸襟(しんきん)を悩まされ、

疫災消 除の為に、自ら宸翰(しんかん)を染めて般若心経一巻を書写給ひ、

大師に 勅(ちょく)して講讃(こうさん)供養せしめられました。

大師、勅を承けて此の経を講じ給ふに」、

「大師の御講讃未だ全く終はらざる間に、

効験(こうけん)速やかに 顕れ、

疫災みな止み、死人も多く蘇生しました。

是れ全く大師、鷲峯親聞(しゅうほうしんぶん)の深義を述べ給ふに因ると申し伝へます。」

京都ではやった疫病に悩まれた嵯峨天皇にお大師様は

『般若心経』の講釈をされてご一緒に祈願されたのです。

するとその功徳は瞬く間に表れたというのです。

『般若心経』は全文がありがたいお経ですが、なかでも最も重要な個所は

「ギャテー ギャテー ハーラーギャテー ハラソーギャーテー

ボージーソワカ」という一節(真言)です。

この真言は、「菩提(悟り)の世界に行きつくまでみんなで行こう」という意味です。

真心がこもった読経や写経は神秘的な力が動いたといえます。

本日、東京では一日の感染者が過去最多といニュースが報道されています。

心和寺は真言宗の寺院として心を込めて祈り続けたいと思います。

(*1)昭和9年「六大新報社」出版 長谷寶秀 著

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
倉敷成田不動尊 心和寺
https://shinnaji.net/
岡山県倉敷市中島2355-156
086-466-2356
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー