ブログ:和顔愛語

文字サイズ

値切るってラッキーなこと?

 

おはようございます。

悠心です。

 

先日、私の一言で ある人が悩んでしまったようです。

それは、個人間の取引において

「値切れば いいってもんじゃないでしょ〜」

という考え方。

 

一方が、値切って得をしたとしましょう。

でも 値切るてことは 相手の利益を損なうこと。

一方だけが 損をします。

 

「近江商人三方よし」という言葉がビジネスでは使われます。

“自分” と “お相手” と“世間”

3方が良し とする取引が良いということです。

みなが満足できないような取引は

長続きしませんものね。

 

個人間の取引も、

お値引きをしていただいたなら、

何らかの形でお相手にもメリットを

享受してもらいたいものですね。

 

また、人間関係を円滑に行う秘訣は、

少しだけこちらが損をすること。

仏教でいう布施の考え方と同じです。

実は、長い目で見れば 損でもないものです。

 

そして、損得だけで考えてしまうと

大切なものを失いかねませんね。

 

南無大師遍照金剛
沙門 悠心

ーーーーーーお問い合わせーーーーーーー
【小さなお寺】
■倉敷成田山 心和寺
岡山県倉敷市中島2355-156
電話:086−466−2356

■倉敷成田山 心和寺 大阪院
大阪府吹田市江の木町  江坂駅より徒歩4分

話:086−466−2356
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー